吐息は薔薇はこんな商品です

吐息は薔薇はラジオCMで話題を集めているローズサプリです。製品の良さは他のサプリと比較して、初めて分かるもの。そこでプロジェクトメンバーが10商品を比較し、含有量・価格・支持率・香りを評価してランキングをつけました。商品の特徴と一緒にみていきましょう。

ローズオイル+3天然成分で究極のオシャレを体験

吐息は薔薇

ラジオやテレビCMでお馴染みの、日本直販のバラのサプリです。

最高級のブルガリア産ダマスクローズから抽出したローズオイルを、クリスタルグリーンのカプセルで優しく包み込んでいます。

さらに抗酸化作用のあるグレープシードオイル、ローズヒップオイル、月見草オイルの3つの天然成分を配合し、デオドラント効果の期待が高まります。

気品ある大人の吐息へと変えてくれる、女性のエチケットには欠かせないアイティムといえそうです。

総合 ローズオイル含有量 1日あたりの価格 エバリュエーターによる香りの評価
9位 - 8位 4位
20/55point
香りがいいので、含有量や価格面でもう少し努力が必要です。
不明
肝心の含有量が分からず、本当に効果があるのか不安です。
95円
平均よりも高めの設定で、毎日続けるのは難しそうです。
9ポイント
年配の方が好みそうな高級感のある落ち着いた香りです。

⇒「吐息は薔薇」公式サイトはこちら

日本直販「吐息は薔薇」が選ばれる3つの理由

ポイント1 カラダの中で広がる、究極の飲むバラのフレグランス
「吐息は薔薇色」は、透明なクリスタルグリーンのソフトカプセルの中に、こころとカラダに優しい、天然成分が詰まった飲むフレグランスサプリです。カプセルを一粒噛むと胃の中に香りがふわ~っと広がり、甘~いバラの吐息が微かに漂ってくれば、究極のオシャレが楽しめそうですね。

ポイント2 ブルガリア産ダマスクローズから抽出したローズオイルを配合
「吐息は薔薇」には、最高級のブルガリア産ダマスクローズから抽出したローズオイルを凝縮しています。3Kgのバラの花びらからは、わずか1gしか取れない貴重な物。飲むフレグランスに相応しい甘い香りは、身体の中から、薔薇色に染めてくれそうですね。

ポイント3 3つの天然成分をプラスして、こころとカラダを優しく癒してくれる
ローズオイルの他に、こころとカラダに優しく働きかける、3つの天然成分を配合しています。ビタミンEが豊富な「チリ産のグレープシードオイル」、「ローズヒップオイル」、母乳成分を含んだ今話題の「月見草オイル」は抗酸化力が高いので、気になる体臭改善効果も期待できそうですね。

「吐息は薔薇」の品質管理や安全性をチェック

原材料
バラの中でも最高級ブルガリア産ダマスクローズを原材料にしています。甘く優しい香りが特徴です。世界中の人々に愛されている貴重なバラで、品質管理はブルガリア国立バラ研究所が行っています。

製造
ブルガリア産ダマスクローズの花びらから、水蒸気で蒸留させて、ダマスクローズの甘くて優しい濃厚な香り成分抽出しています。1gのローズオイルを抽出するには、なんと3Kgの花びらが必要という、極めて希少なローズオイルです。

顧客サポート
購入後、商品内容や使用方法の問い合わせには、お客様相談係を設置してフリーダイヤルで対応しています。専門知識が必要な問い合わせに関しては、メーカーからの直接回答が届きます。

安心度
ブルガリア国立バラ研究所が品質管理を行っているローズオイを使用しています。さらにグレープシードオイル、ローズヒップオイル、月見草オイルの3つの天然成分を配合し、抗酸化対策にも取り組んでいます。

「吐息は薔薇」をお得に購入するには…

●販売価格:3,066円~10,285円(税込・送料無料)

●お試し価格

1個:3,066円(税込・送料無料)
2個:5,349円(783円off・税込・送料無料)
5個:10,285円(5045円off・税込・送料無料)

お試し購入1個は、1家族につき1回限りになります。ネットから申し込むと5%offになるキャンペーンを実施中です。また、注文個数が多くなるほど割引率がよくなり、お買い得5個になると、約30%もお得になります。

⇒「吐息は薔薇」購入はこちらから

心落ち着く16世紀から伝わるブルガリア産ダマスクローズオイル

バラが地球上に誕生したのは5000万年以上前といわれています。

今よりも温暖な気候だったと推察されているヒマラヤ山脈やカラコルム山脈の2,000~4,000メートルの高地が原産地とされ、そこからペルシャ、中国、インドなどへ広がっていったと考えられています。

古代ギリシャでは貴族がバラの香りを楽しみ、当時の女性詩人サッフォーはバラを「花々の女王」と称え、その香りを「恋の吐息」と表しています。

また、絶世の美女として知られるクレオパトラもバラ好きだったことが知られています。ローズオイルを肌に塗り、香りをまとい、ローマの英雄であるユリウス・カエサルを魅了し権力を手にいれたとまでいわれています。

ここでは、「吐息は薔薇」サプリに使用されているブルガリア産ダマスクローズオイルについて紹介しましょう。

ブルガリアは世界最高峰のローズオイル産出国

日本ではブルガリアといえばヨーグルトの印象が強いかと思いますが、一方で世界有数のローズオイルの産出国として知られています。その歴史は16世紀後半までさかのぼり、この地を統治していたオスマン帝国からもたらさたことが分かっています。

なかでも有名なのがブルガリアの中央を東西に走る、バルカン山脈とスレドナ・ゴア山脈の山間一帯。ここはバラの谷と呼ばれ、世界の香水ブランドの多くが使っているローズオイルの最高峰、ダマスクローズから採取するオイルの産地となっています。

「バラの女王」と呼ばれるブルガリア産ダマスクローズ

世界には約2万種のバラがあるといわれていますが、その中で香料として使えるローズオイルが抽出できるバラは、たった4種類。ガリガ、アルバ、センティフォリア、そしてダマスクローズです。

なかでもブルガリア産のダマスクローズから成るローズオイルは、濃厚で甘い香りが強く、質が高いことから「バラの女王」と呼ばれています。

今日では世界シェアの70%以上を占めている、バラ栽培に適したバラの谷の特性には、特有の気候環境が挙げられます。寒暖差に関しては、年間を通してみると小さいものの、1日のなかではとても激しいことが特徴です。また、国土の3分の1が山地なので、湧き水に恵まれていることもバラ栽培に適した条件です。

1gのローズオイルを抽出するのに約2,600本のバラの蕾が必要

ダマスクローズが開花するのは、毎年5月中旬から6月上旬にかけての時期です。この季節にはバラの谷が、名前のとおりバラ一色に染まります。

収穫が行われるのは早朝5時から午前10時ころまで。バラはつぼみのほうに香り成分を蓄えているため、香りが飛ばないよう花が開き始める前にひとつひとつ手作業で丁寧に摘み取られていきます。

収穫されたダマスクローズは、「水蒸気蒸留法」という方法でローズオイルにしていきますが、1gのローズオイルを抽出するためには約2,600本のバラが必要だといわれています。

それだけ貴重であり、またローズオイル自体が酸化しにくいという性質から、昔は容器ごと銀行に預けていた歴史もあるほどです。

リラックス効果や血流改善効果が期待できるローズオイルの効能

ローズオイルに含まれている成分は、花ロウから採取されるステアロプテン、香りの成分であるシトロネロールやゲラニオールなどです。特に香りの高いことで知られ、世界最高峰と称えられるダマスクローズは、香り成分をいかしてアロマテラピーやサプリメントに多く用いられます。

また、ダマスクローズの産地であるブルガリアで「バラは若返りを促す」と昔からいわれるように、香りからもたらされるリラックス効果以外にも女性ホルモンのバランスを整える役目も担います。

生理不順、生理痛、更年期障害などの改善から、肌の調子を整えたり、毛髪の育成を促すなどのアンチエイジング効果もあると考えられています。

さらに最近の研究ではアレルギー鼻炎、気管支炎、アトピー性皮膚炎などの改善にも期待できることがわかってきました。

このように、ローズオイルは女性ホルモンにも作用するので、妊娠している方や、授乳中の方はローズオイルを使用する前に専門家への相談をおすすめします。

PAGE TOP