バラサプリメント図鑑HOME » 加齢臭を解消するための知識集 » 加齢臭ってどんな臭いがするの?

加齢臭ってどんな臭いがするの?

加齢臭の元はノネナールという物質

加齢臭の原因は、「ノネナール」という物質です。

ノネナールは若い人にはほとんど存在しません。しかし、40歳を過ぎてくると体が酸化を抑制できなくなってしまい、自然と増えてしまうのです。では、ノネナールはどのようにして発生するのでしょうか。

ノネナールは毛穴に存在する皮脂腺から分泌される「脂肪酸」が酸化する際に発生する物質です。油臭くて、青臭いのが特徴。

人は年齢を重ねると、若かったときには存在しない「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸が分泌され皮膚の上に蓄積されてしまいます。それが分解されると、ノネナールを作り出し、加齢臭を発生させてしまうのです。若い人からは加齢臭がしない理由は、脂肪酸が分泌されてもホルモンの働きで酸化を防げるから。人は40歳を過ぎると、ホルモンの働きが低下するため、酸化を防げられなくなります。また、年齢とともに抗酸化作用も低下。若いうちは体内に抗酸化物質が働き酸化を防いでくれます。しかし、抗酸化作用は弱まると、活性酸素が増加して皮脂の酸化が促進してしまうのです。

加齢臭を抑えるためには、このノネナールそのものを減少させるほかないのです。

9-ヘキサデセン酸をノネナールに分解するパターンは大きく分けて、「過酸化脂質」の「皮膚の常在菌」の2つ。

過酸化脂質

人は年を取るとコレステロールや中性脂肪などの「過酸化脂質」が増加。過酸化脂質はノネナールを作る材料となるため、増えてしまうと脂肪酸の分解が促進されます。過酸化脂質を減らせば加齢臭を予防できます。減らすには、抗酸化作用の強い野菜を含んだ食生活がベストです。

皮膚常在菌

皮脂に含まれる「ヘキサデセン酸」が皮膚常在菌によって分解されると、ノネナールが発生します。

人間の年齢とともに代謝が衰え、溜まった老廃物を餌とする皮膚常在菌が増加。その結果、加齢臭が増してしまうのです。常在菌を減らすためには、基礎代謝をあげるために、普段から適度な運動をこころがけましょう。

もともと男性は体臭が強いため、加齢臭と聞くと男性をイメージする人が多いです。しかし、加齢臭のメカニズムからすると、男性・女性は関係ありません。

女性は、ホルモンの働きによってノネナールが生成されにくいですが、更年期に近づくと女性ホルモンはどんどん減少します。「私は女性だから大丈夫」と安心せず、対策を取るようにしましょう。

生活習慣の悪循環は加齢臭を作り出す

「日々の生活習慣」と「加齢臭」は全く関係ないように感じますがとても深い関わりがあります。

例えば肉類中心の食生活や飲み会続き、不規則な夕飯の時間や運動不足を繰り返していれば血液中のコレステロールが増加する一方です。

血液の中のコレステロールが増えると皮脂腺に脂肪分が溜まり加齢臭の原因「ノネナール」が増えていきます。

生活習慣が悪循環に陥っている人ほど加齢臭を発生する率が高くなっていくのです。

ストレスも加齢臭の原因に

ストレスがかかると活性酸素という物質が増加。体に活性酸素が増えると過酸化脂質が発生しやすくなります。そのため、ノネナールも増加してしまうのです。

ストレスのかかり具合が加齢臭の強弱に影響する可能性は大いにあります。

喫煙も加齢臭の原因

喫煙は、身体を酸化から守るビタミンCの大敵です。たばこを1本吸うと25~100mgのビタミンCが失われると言われています。人が1日に摂取するビタミンCの量が100mg程度なので、たばこを吸う人は抗菌・抗酸化作用を自ら打ち消しているのです。

そのほかの原因

代謝の低下も加齢臭の原因。年齢を重ねるにつれ、代謝はどんどん衰えていきます。すると、皮脂腺のなかで活性酸素が発生して過酸化脂質が増えて菌が増殖。その結果、ノネナールを発生させてしまいます。

また、血液の流れが悪いと臭いの元となる成分が増え、加齢臭を発生させる原因になるので気を付けましょう。

臭いに関するアンケート調査の結果

臭いの曲がり角はどこ?

資生堂が2014年に20~50代のビジネスマン2,400人を対象に「自分の体から発している臭いの変化を感じた年齢」の調査実施。男性では40代前半が全体20.1%と最も多く、次いで30代前半19.3%、30代後半16.1%という結果になっています。女性で最も多かったのは40代前半の22.4%。30代後半が15.2%、30代前半は15.1%という比率で自分の臭いの変化を感じていることがわかりました。

女性も加齢臭を気にするべき!

口臭以外の年齢特有の臭いが感じたことがあるか資生堂が調べたところ、職場の女性に対して「加齢臭を感じたことがある」と答えた人は全体の35.9%。3人に1人以上が女性に対して年齢特有の臭いを感じていることになります。加齢に伴う臭いは男性だけではなく、女性も気にするべきということがわかりますね。

女性ホルモンと臭いについて詳しく見る

加齢臭ってどんな臭い?

資生堂の調査で、「男女の加齢臭を感じたことがある」と回答した人に「どんな臭いがしたか」と尋ねてみたところ、共通して多かったのは「もわっとした臭い」。女性の加齢臭だけに絞ると、酸っぱい臭い、脂っぽい臭い、湿っぽい臭いなどが多くなっています。よく例えられる「ロウソク・古本・古いタンスのような臭い」という回答は全体の1割程度という結果になりました。

加齢臭のタイプにはバラつきあるようなので、「ロウソク・古本・古いタンスの臭いはしないから大丈夫」と思わず、自分を疑ったほうがいいでしょう。

出典元:資生堂グループ企業情報サイト(http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2322-j.pdf)

体のどの部分から出ているの?

ノネナールという加齢臭の原因物質は頭、ワキ、胸元、首の後ろ、耳の後ろ、背中から発生するようです。

また、ノネナールの特徴として首周りに溜まりやすい性質を持ちます。そのため枕や襟元などに加齢臭が付着し、水で洗ってもなかなか取れにくいそうです。

まずは枕の臭いチェックをしてみるべき。自分で分からなければ家族や友人に頼んで確認してもらうことも方法のひとつかもしれません。

特に臭いが強く出る部分は?対策するには?

身体には加齢臭が強い部分が存在します。その理由は、皮脂が分泌される量。そのため、皮脂腺の動きが活発なところは、臭いが強くなってしまいます。

身体のなかで強い加齢臭を発生させると言われている「頭部」と「耳の後ろ」の対策について詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

頭部の加齢臭と対策

頭部は人間の身体の中で最も皮脂腺が多いため、強い加齢臭を放ちます。また、頭部は毛髪の影響で蒸れやすくなっているのも原因のひとつ。

頭部のやっかいなところは、加齢臭に加えて体臭も濃い部位であること。体臭と加齢臭が混じり合い、他の部位よりも強い臭いを発生させるのです。

頭部の加齢臭に有効な対策は頭をシャンプーでしっかりと洗うこと。ただし、それは1日に何回もシャンプーをすれば良いというわけではありません。

加齢臭は皮脂の分泌によって発生するものなので、頭をキレイに洗えば、頭皮の皮脂を落とせ、臭いも防げます。

しかし、1日に何回も頭を洗うと、皮脂を落とし過ぎてしまい、身体は「皮脂が足りない」と認識。そのため、皮脂を余分に分泌してしまうのです。また、皮脂を落とし過ぎた頭皮は無防備で、紫外線を強く受けるようにもなります。紫外線は活性酸素を増加させるため、加齢臭の原因物質を作ってしまう結果に。

シャンプーは1日1回にして、頭を洗う際は紫外線の影響を受けない夜に行うようにしましょう。

耳の後ろの加齢臭と対策

耳の後ろは皮脂腺が活発に働き、皮脂の分泌量が多いため加齢臭が強く表れる部位です。耳の後ろは身体のほかの部位と比べて、丁寧に洗っている人は少なく、皮脂が溜まりやすく臭いが強い傾向に。

また、大切なのはお風呂やシャワーのときに、耳の後ろの皮脂をしっかり落とすこと。耳の裏と同時に、耳の中や耳たぶもキレイに洗うと臭いを軽減できます。

生乾きの髪は雑菌が増える原因なので、お風呂を上がった後は髪をしっかり乾かすようにしましょう。

時間があるときには、濡れたタオルやウェットティッシュを使って耳の後ろを拭いてあげるのも◎。ただし、必要以上に力強くこするのはNGです。皮脂を取りすぎると逆に皮脂を過剰分泌させてしまいます。

女性の加齢臭は清潔にするだけでは防げないことがあります。理由は、生理周期や女性ホルモンのバランス、また更年期が関係しているから。女性が加齢臭を改善するためにはホルモンと加齢臭の関係を理解することが大切です。「ホルモンの関係性がわからない」という人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

PAGE TOP