バラサプリメント図鑑HOME » 加齢臭を解消するための知識集 » 加齢臭ってどんな臭いがするの?

加齢臭ってどんな臭いがするの?

加齢臭の原因物質、なぜなってしまうかのメカニズム、またどんな臭いがするか、体のどの部分から出ているかを解説します。

サプリ、石鹸やシャンプーやスブレーなど、体の外側と内側から加齢臭を抑える対策グッズもまとめました。 臭いの元を知ってしっかり予防しましょう。

加齢臭の元はノネナールという物質

加齢臭の大きな原因は、皮脂中の脂質が酸化した「過酸化脂質」また、「パルミトオレイン酸」この2つが反応して出来る「ノネナール」という物質です。

40歳を過ぎてくると体が酸化を抑制出来なくなってしまい、ノネナールが自然と増えてきてしまいます。

若い人にはほとんど存在しないこの物質こそが臭いの元と考えられています。

生活習慣の悪循環は加齢臭を作り出す

「日々の生活習慣」と「加齢臭」は全く関係ないように感じますがとても深い関わりがあります。

例えば肉類中心の食生活や飲み会続き、不規則な夕飯の時間や運動不足を繰り返していれば血液中のコレステロールが増加する一方です。

血液の中のコレステロールが増えると皮脂腺に脂肪分が溜まり加齢臭の原因「ノネナール」が増えていきます。

生活習慣が悪循環に陥っている人ほど加齢臭を発生する率が高くなっていくのです。

ストレスも加齢臭の原因に

ストレスがかかると活性酸素という物質が増加。体に活性酸素が増えると過酸化脂質が発生しやすくなります。そのため、ノネナールも増加してしまうのです。

ストレスのかかり具合が加齢臭の強弱に影響する可能性は大いにあります。

加齢臭ってどんな臭い? どこから臭いがでるの?

感じ方に個人差はありますが一般的に、「ロウソク」「古本」「青チーズ」「押入れの中」「古いタンス」などの臭いに例えられるようです。

脂が酸化したような青臭いような臭い、これらが加齢臭と呼ばれています。

体のどの部分から出ているの?

ノネナールという加齢臭の原因物質は頭、ワキ、胸元、首の後ろ、耳の後ろ、背中から発生するようです。

また、ノネナールの特徴として首周りに溜まりやすい性質を持ちます。そのため枕や襟元などに加齢臭が付着し、水で洗ってもなかなか取れにくいそうです。

まずは枕の臭いチェックをしてみるべき。自分で分からなければ家族や友人に頼んで確認してもらうことも方法のひとつかもしれません。

PAGE TOP