バラサプリメント図鑑HOME » 加齢臭を解消するための知識集 » 女性ホルモンと臭いの関係は?

女性ホルモンと臭いの関係は?

加齢臭は通称「おやじ臭」とも言われるので男性に多いものと思いがちですが、女性も生理周期や女性ホルモンのバランス、また更年期によって加齢臭対策が必要です。

加齢臭は女性には発生しないと安心せず、ある程度の年齢になってきたら男女共にケアをするべきです。ここでは女性の加齢臭がどんな場合発生しやすいかを勉強しましょう。

ホルモンの分泌により加齢臭が強くなる!?

女性は生理周期によって加齢臭が発生するケースがあります。

女性ホルモンにはエストロゲンやプロゲステロンがありこの分泌量が加齢臭に大いに関係してくるのです。プロゲステロンは皮脂分泌を促す働きがあり生理中にニキビが出来やすくなるのはそのためだと言われています。

皮脂や油分が増加すると加齢臭の原因になるノネナールが発生しやすくなり普段より臭いがキツくなる傾向が。また皮脂が増加し皮脂腺の中の脂肪酸が酸化することで加齢臭の元になります。

それだけでなく、女性は生理の前後になるとホルモン分泌によって嗅覚が変化し、同じ臭いでも敏感に感じ取ってしまう人がいると言います。妊娠中に嗅覚が変化するのもホルモンの影響です。

生理中や生理前後は加齢臭対策、臭いのケアに気をつけるべきでしょう。

更年期と臭いの関係

更年期も加齢臭に大きな影響を与えます。更年期とは閉経の前後約10年を表すものですがこの時期に入ると女性ホルモンがだんだん減ってくるのです。

女性ホルモンの機能のひとつとして皮脂腺のコントロールがあり、それが乱れると皮脂や汗の異常分泌に繋がってしまい加齢臭に。更年期でなくても女性は30代から40代にかけて徐々に女性ホルモンが減少するため、年齢に関係なく加齢臭に悩まされるケースが出てくる、ということです。

また、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが優位になり、過剰に分泌された皮脂が酸化し加齢臭を発生することも。

更年期の汗はベタベタしています。そのため蒸発しにくく、臭いが衣服に残りやすいのでこまめに着替えたり加齢臭対策グッズでのケアが重要になってきます。

PAGE TOP