バラサプリメント図鑑HOME » 改善したい!体臭の原因と対策 » 体臭と加齢臭ってどう違うの?

体臭と加齢臭ってどう違うの?

体臭と言っても、いろいろな臭いがあり、原因もさまざま。ワキのニオイが気になる人もいれば、足の臭いが気になるという人もいるでしょう。こちらのページでは、主に体臭と加齢臭の違いについて解説しています。

実は、同じニオイの問題でも原因と対策が違ったのです…。

汗はもともと無臭。体臭の原因は細菌の繁殖にありました

体臭の原因って?

体臭といえば、汗臭いイメージがあると思いますが、実は汗そのものは無臭なんだそうです。

汗を分泌する汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2酢類があり、エクリン腺は全身にあり、アポクリン腺は脇の下や陰部、外耳道などにあります。

エクリン腺から分泌された汗の成分はほとんどが水で無臭です。一方、アポクリン腺から出る汗には脂質やタンパク質などが含まれ、これらが皮膚の表面にある細菌によって分解され、臭いが発生。つまり、臭いの原因は、汗の出る場所の違いにありました。

わきを清潔を保つことが体臭予防の第一歩

汗はほとんど無臭で、皮膚にある雑菌によって臭いがきつくなるのであれば、対策としてやるべきことは皮膚を清潔に保つこと。加えて、汗をかく暑い季節や運動をするときなどはデオドラントスプレーなど消臭グッズを活用してもいいでしょう。

体臭はこうして改善

  • 腋毛をこまめに処理しましょう
  • 洋服や下着は通気性や吸湿性を優先させる
  • 野菜中心のバランスのよい食生活を
  • 制汗・デオドラント剤を使うのも効果的

体臭と加齢臭は発生する原因が違う

体臭とは、体からのニオイ全般のことを差します。ワキや足の臭い、汗臭さ…加齢臭もそのひとつです。ただニオイが違います。体臭は「汗臭さ」、加齢臭は「脂臭さ」を感じさせるようです。

加齢臭には独特のにおいがあり、ニオイの元となっているのは皮脂です。年齢とともに分泌される皮脂が、過酸化脂質によって分解され「ノネナール」という物質に変化した時にニオイとなります。

つまり脂が酸化したことが臭いの原因。そのため体臭は汗臭いと感じ、加齢臭は「ブルーチーズ」「古びた本」「ろうそく」などの独特の脂臭さを感じるようです。

加齢臭の対策は専門のグッズの助けが必要なケースも

体臭と加齢臭が発生する原因は違うので対策も違います。

体臭は汗が原因なのでこまめにふき取ったり、シャワーやお風呂に入ったり、服を着替えたり…清潔にしていることで予防できますが、加齢臭の対策は清潔にするだけではニオイの元「ノネナール」を消すことができません。ノネナールは、水に溶けにくいという性質を持っているので、専用のシャンプーや洗剤、ボディーソープで丁寧に洗うことが大切。

お手入れの際には、首の後ろや耳の裏、ワキ、背中などに加齢臭が発生しやすく、こびり付きやすい場所を念入りに洗うことを心がけてみてください。

またタバコを吸う人や大量に飲酒をする人は、活性酸素が発生しやすく皮脂の分泌も多いので加齢臭が強くなるという傾向があります。本当に臭いを何とかしたいなら、たばこやお酒は控えた方がいいですね。

加齢臭対策グッズについてはこちらで紹介しています>>>

PAGE TOP