バラサプリメント図鑑HOME » 改善したい!体臭の原因と対策 » 体臭と加齢臭ってどう違うの?

体臭と加齢臭ってどう違うの?

体臭と言っても、いろいろな臭いがあり、原因もさまざま。ワキのニオイが気になる人もいれば、足の臭いが気になるという人もいるでしょう。こちらのページでは、主に体臭と加齢臭の違いについて解説しています。

実は、同じニオイの問題でも原因と対策が違ったのです…。

汗はもともと無臭。体臭の原因は細菌の繁殖にありました

体臭の原因って?

体臭といえば、汗臭いイメージがあると思いますが、実は汗そのものは無臭なんだそうです。

汗を分泌する汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2酢類があり、エクリン腺は全身にあり、アポクリン腺は脇の下や陰部、外耳道などにあります。

エクリン腺から分泌された汗の成分はほとんどが水で無臭です。一方、アポクリン腺から出る汗には脂質やタンパク質などが含まれ、これらが皮膚の表面にある細菌によって分解され、臭いが発生。つまり、臭いの原因は、汗の出る場所の違いにありました。

わきを清潔を保つことが体臭予防の第一歩

汗はほとんど無臭で、皮膚にある雑菌によって臭いがきつくなるのであれば、対策としてやるべきことは皮膚を清潔に保つこと。加えて、汗をかく暑い季節や運動をするときなどはデオドラントスプレーなど消臭グッズを活用してもいいでしょう。

体臭はこうして改善

  • 腋毛をこまめに処理しましょう
  • 洋服や下着は通気性や吸湿性を優先させる
  • 野菜中心のバランスのよい食生活を
  • 制汗・デオドラント剤を使うのも効果的

体臭と加齢臭は発生する原因が違う

体臭とは、体からのニオイ全般のことを差します。ワキや足の臭い、汗臭さ…加齢臭もそのひとつです。ただニオイが違います。体臭は「汗臭さ」、加齢臭は「脂臭さ」を感じさせるようです。

加齢臭には独特のにおいがあり、ニオイの元となっているのは皮脂です。年齢とともに分泌される皮脂が、過酸化脂質によって分解され「ノネナール」という物質に変化した時にニオイとなります。

つまり脂が酸化したことが臭いの原因。そのため体臭は汗臭いと感じ、加齢臭は「ブルーチーズ」「古びた本」「ろうそく」などの独特の脂臭さを感じるようです。

加齢臭の対策は専門のグッズの助けが必要なケースも

体臭と加齢臭が発生する原因は違うので対策も違います。

体臭は汗が原因なのでこまめにふき取ったり、シャワーやお風呂に入ったり、服を着替えたり…清潔にしていることで予防できますが、加齢臭の対策は清潔にするだけではニオイの元「ノネナール」を消すことができません。ノネナールは、水に溶けにくいという性質を持っているので、専用のシャンプーや洗剤、ボディーソープで丁寧に洗うことが大切。

お手入れの際には、首の後ろや耳の裏、ワキ、背中などに加齢臭が発生しやすく、こびり付きやすい場所を念入りに洗うことを心がけてみてください。

cまたタバコを吸う人や大量に飲酒をする人は、活性酸素が発生しやすく皮脂の分泌も多いので加齢臭が強くなるという傾向があります。本当に臭いを何とかしたいなら、たばこやお酒は控えた方がいいですね。

 

体臭・腋臭の要因と原因物質のメカニズムを解説

「体が発する臭い」という点では腋臭も体臭の一種ですが、腋臭とそれ以外の体臭とでは原因そして臭いの質に大きな違いがあります。

ここでは、まず腋臭のメカニズムについて触れ、次に体臭一般について説明します。

腋臭の要因

その1~遺伝

腋臭はある程度遺伝する疾患です。

アポクリン線が出すアポクリン汗が腋臭の原因物質となるのですが、アポクリン線の量は遺伝的に決定されるからです。

ですから、遺伝的にアポクリン線の多い人は「ワキガ体質」と呼ぶことができます。ワキガ体質の割合は民族によって大きく異なり、日本人は10%程度、西洋人は70~90%、黒人は100%といわれています。

その2~ホルモンバランスの乱れ

腋臭の要因として、「ホルモンバランスの乱れ」もあげることができます。

特に性ホルモンはアポクリン線を強く刺激し、アポクリン汗の発汗を促す作用を持っています。そのため思春期に達した子供の中には、突然腋臭を発症してしまい、思い悩んで不登校になるといった例も見られます。

その3~強いストレス

人間が強いストレスを受けると、アポクリン線が刺激され、アポクリン汗からの発汗が増えます。アポクリン汗は腋臭の原因物質ですから、強いストレスを受けることは腋臭発症の引き金になるといえるでしょう。

腋臭の原因物質

その1~汗

腋臭は医学的に「臭汗症」「腋臭症」と表記されます。その名のとおり脇の下から出る汗が病的な臭いを発する病気です。

このように説明すると、あたかも脇の下にかく汗であればすべて腋臭の原因のように思えますが、そうではありません。

すでに説明したように、人間のかく汗にはエクリン線から出る「エクリン汗」とアポクリン線から出る「アポクリン汗」の2種類があります。

エクリン線は全身に分布しているのに対して、アポクリン線の場所はある程度限定されています。生殖器や肛門周辺などにも多くありますが、特に多いのが脇の下で、肉眼で確認できるほど密集しています。

アポクリン汗の特徴は、「たんぱく質や脂質など、水以外の不純物を多く含んでいる」ということです。他方、エクリン汗の場合、99%以上が水です。このため「腋臭の発症にはアポクリン汗が大きく関係している」と考えられています。

その2~細菌

腋臭のもう一つの原因物質として欠かせないのが皮膚に常在する「細菌」です。

腋臭の病的な臭いは、アポクリン汗のなかに大量に含まれるたんぱく質や脂質などの不純物が「細菌」に分解されることで発生すると考えられています。特に「ジフテロイド菌」が汗の成分を分解することで発する臭いには、腋臭特有の強い刺激臭があります。

一般的な体臭の要因と原因物質

通常の体臭の場合も「ホルモンバランスの乱れ」や「ストレス」を受けると体臭が強くなる点では腋臭と同じです。

ストレスを受けると体内の副腎皮質ホルモンや性ホルモンの分泌量が増加します。

過剰なホルモンは皮脂の分泌を盛んにし、同時に活性酸素を大量に発生させるため、皮膚上の過酸化脂質がどんどん増えていきます。

こうして皮膚に蓄積した過酸化脂質は、加齢臭など強い体臭の元となる「短鎖脂肪酸」を生み出します。

このようにホルモンバランスの乱れやストレスは、腋臭だけでなく通常の体臭の要因にもなるのです。

また通常の体臭でも、腋臭と同様に「汗」と「細菌」が原因物質となります。

皮膚にはたくさんの細菌が常在しています。汗のなかに含まれるたんぱく質や脂質などの不純物が常在菌に分解されると、腐敗して発酵臭を放つようになります。これが皮膚から生じる体臭の基本的なメカニズムです。

この発酵臭は揮発性が高いため、周辺の大気に拡散されます。そのため周囲の人に強い不快感を与えてしまうわけです。

加齢臭対策グッズについてはこちらで紹介しています>>>

PAGE TOP