バラサプリメント図鑑HOME » ローズサプリ好きに贈る、すばらしき薔薇の世界

ローズサプリ好きに贈る、すばらしき薔薇の世界

その高貴な美しさや芳醇な香りから、多くの日本人に愛されている花・ローズ。種類は、2万種類もあるそうです。

バラの素晴らしさを紹介?

こちらでは、ローズサプリ好きにはたまらないバラにまつわる豆知識をお届けしています。

紀元前から薬用植物として栽培されてきたローズの持つ美容や健康効果から、マリーアントワネットやクレオパトラなど歴史的美女がバラを愛する理由や語源など、バラエティに富んだ内容になっています。

これを読めば、ローズの新しい一面が見えるかも!?

ローズサプリがもっと好きになる読み物コンテンツ

バラの美容効果
バラの視覚的効果や嗅覚的効果、美肌になるアンチエイジング、抗酸化作用や女性の魅力度アップ、ホルモンバランスの整調について解説します。バラを見るだけでストレス軽減に効果が?女性に嬉しい効能がたっぷり!

世界の美女も愛したバラの香りとその効果
マリーアントワネットやクレオパトラなど歴史上の人物とローズの関係についてまとめています。肌や女性ホルモンへの優れた効果や幸福感に与える影響などもリサーチ。また、バラの花言葉や語源など豆知識もご紹介しています。

香りだけじゃない薔薇の健康効果
気品あるバラの香りは、古来からの薬用として利用されてきました。そんなバラの香りが持つ健康効果についてまとめています。忙しい現代人こそ利用したいローズオイルの嬉しい効果についても紹介しています。

女性を美しくしてくれるバラの成分とは?

バラには、その香り成分の配合バランスによって7つのタイプに分類されるそうです。      

ダマスク・クラシック
バラの古典的な香り。強い甘さのある華やかな香りの中に、みずみずしさを感じさせる奥深い香りが特徴です。
代表品種:芳純、香久山、グラナダなど
ダマスク・モダン
ダマスク・クラシックの香りに、バラらしいコクと深みのある甘さを加えたような香り。
代表品種:パパメイアン、レディラック、 シャルルマルラン、マーガレットメリル、 ミスターリンカーンなど
ティー
多くのバラが持っている、ソフトで上品な紅茶の葉に似た香りがします。香りの強さはそれほど強くありませんがリラックス効果をもたらすティーローズエレメントを多く含み、香りによる効果はもっとも高いタイプ。
代表品種:ガーデンパーティー、ディオラマ、秋月、天津乙女、ロイヤルハイネスなど
フルーティ
その名前が示すように、ピーチやアプリコット、アップルなどの新鮮な果実の香りを思わせる、さわやかで甘さのある香りが特徴です。鎮静・安眠効果が期待できます。
代表品種:ダブルディライト、ドフトボルケ、フリージア、マリアカラスなど
ブルー
青バラ系の品種が持つ香り。ダマスク・モダンとティーの香りをミックスしたようなシャープな香りが特徴です。鎮静効果や集中力アップ効果が期待できます。
代表品種:ブルームーン、ブルーパフューム、シャルルドゴールなど
ミルラ
イングリッシュローズに多く見られる香りです。八角に似た甘さとほろ苦さを感じる、まろやかな香りが特徴。気分を高める覚醒効果が期待できます。
代表品種:タモラ、セントセシリア、アンブリッジローズなど
スパイシー
クローブに似た香りがする、やや刺激的で甘さを感じるほのかな香りが特徴です。中国系のバラや、日本に自生するバラ科のハマナシなどに見られる香り。
代表品種:粉粧楼、デンティーベス、ハマナシ(ロサ・ルゴサ)など

続いて、バラにの香りに含まれた優れた3つの香り成分について紹介しましょう。

ティーローズエレメント

「ティーローズエレメント」とは、ティー・ローズに含まれている成分です。 「ジメトキシメチルベンゼン」ともいいます。脳波測定実験によると、ティーローズエレメントには鎮静作用が高いと言われているラベンダーの精油より3~4倍の鎮静、安眠効果があることが分かったそうです。また、バリア機能の回復を促し、皮膚を健康な状態に保ち美肌に導いてくれる働きがあります。

体臭や口臭を抑えるゲラニオール

ダマスク・モダンに多く含まれている「ゲラニオール」は、バラの甘い香りを構成している香気成分のひとつ。化粧品や石鹸などのローズ系の香料として、よく使われている成分です。体内に吸収されると、一定時間後に汗腺から汗とともに放出され、体臭を抑えてくれます。また、女性ホルモンの分泌を助ける作用やお肌の弾力回復を促進し引き締める働き、日焼けしたお肌のほてりなどを鎮静させる効果もあります。

ホルモンバランスを整えるネロール

ダマスク・クラシックに含まれている「ネロール」は、自律神経のバランスを保ち、ホルモンを調整する働きがあるそうです。また保湿力が高く、肌にうるおいを与えてくれる美容効果もあり、シミやソバカスを予防するともいわれています。

PAGE TOP