食事による口臭対策

口の臭い対策に有効な食生活とはどのようなものか、どんな食事内容であれば栄養面でのバランスを保て口臭予防にも効果があるかを調べました。それではさっそく見ていきましょう。

口臭予防と食事の関係性

口の中の臭いを抑える食事はどんなものなのか、分類すると次の3つになります。

  • 噛む回数が必然的に多くなる食事
  • 消臭効果のある食事
  • トータルの栄養バランスが良い食事

噛む回数が多くなる食事とは

口臭を予防する食事とは?

食物繊維を多く含んだ食べ物、例えばゴボウやニンジン、りんご、パイナップルなど。これらはある程度の堅さがあり咀嚼の回数が増えるため唾液の分泌が活発に。

唾液が多く出れば口臭を防ぐことが出来ます。特にりんごは「天然の歯ブラシ」と言われているほど。
食物繊維が豊富なので噛むことで食べカスなども排出し口内を綺麗にしてくれるのです。

消臭効果のある食事とは

消臭効果のある食事とは

レモンには殺菌・消臭作用があり、口臭の原因となる細菌をなくしてくれます。またレモンを含めたオレンジ、クレープフルーツなどの柑橘類に含まれる「クエン酸」は唾液が出るのを促す効果が。レモンを見ると「ツバ」が出てきませんか?これはその働きで口の中の唾液がたくさん出てくることによってドライマウス改善に。また細菌を洗い流すので口臭予防に効果があるとされています。

ヨーグルトなどの乳酸菌は口の中の菌を増やさないようにする働きが。特に舌に溜まる苔(舌苔)の消臭に効果があるそうです。朝、出かける前にスプーン1杯のヨーグルトを食べると口の中の雑菌繁殖を防いでくれますので試してみて下さいね。

トータルの栄養バランスが良い食事

栄養が偏らず、バランスの良い食事は大事。それが出来れば健康を保て口の中の細菌も溜まりにくく、口臭の発生を抑えてくれるそうです。

ただ、毎日忙しい中で栄養バランスを保つのは至難のワザなので困った時にはサプリメントなどに頼るのも良いかと思います。ご自身の食生活を今一度見直してみましょう。

PAGE TOP